来店してからでは遅いかも

ネットでも出来るけれど

クレカ現金化の為にはネット上から申し込む場合と、店を訪れて対面で申し込む場合の2種類が存在します。

最近ではスマートフォンもどんどん普及していっていることですし、ネット上から申し込む人も多いようですね。

しかし、中にはそんなお金が絡むような重大なことを得体の知れないネットで申し込むなんて絶対に嫌だ。なんて思っている人たちも居ることでしょう。

そのような人たちは実際に現金化の代行をしている店舗を訪れることになるのですが、対面だからこそ安心だなんて思っていると怖い目に遭ってしまうかもしれません。

聞いてた話と違うのに

広告では還元率がさも高いように記載されていたのに、実際に店舗に行ってみて話を聞いてみると思っていたより低い還元率だった。

なんてことになってしまったら、やっぱりこの店で現金化をするのは止めて、別の所を探そうかな・・・。なんてことを思ってしまいますよね。

しかし、そのようなことを口にした途端に優しかった店員さんの態度が変わって、奥から強面の男が出てきたなんてことになると低い還元率でも契約してしまうかもしれません。

相手からの恫喝があるかもしれないという事を考えるとこっそり録音しておくことも大事かもしれません。

泣く泣く契約してしまったら

断り切れずに店舗で現金化をしてしまった。なんて事になってしまったら、後々までそのことを後悔することになるでしょう。

もしも、そのような目に遭ってしまったら弁護士の無料相談を受けたりすると解決の糸口を見つけることが出来るかもしれませんよ。